勝浦が誇る熟成みかん

柑橘のまち「勝浦町」

自然豊かなの田舎まち、徳島県勝浦町。県内東南部の気温差の大きな山間部に位置し、様々な柑橘類を栽培するのに適した環境です。

その中でも特に注目されているのが「みかん」。甘くて美味しいみかんは、地元の恵みとして親しまれ、全国的にも高い評価を得ています。

希少な熟成みかん

そんな勝浦みかんは、収穫後に土蔵で寝かし、甘みを増してから出荷する「熟成みかん」と呼ばれものがあります。

12月~1月に収穫したみかんは貯蔵庫に運ばれ、1ヶ月半〜2ヶ月ほど寝かして熟成させます。

湿度・温度や日々の品質チェックなど丁寧に管理され、出荷のときを待ちます。

あまくて地元の恵み

熟成みかんは、その甘さとジューシーさが特徴です。果肉は柔らかく、口に入れた瞬間、甘みが広がります。

貯蔵されることで採れたてのみかんの持つ酸味を落とし、甘みとコクが引き出されるのです。

熟成みかんは2月頃から道の駅横にある産直市などで販売されています。

採れたてのみかんも美味しいですが、蔵の中で越冬したコクと甘みの熟成みかん、ぜひご賞味ください!

(Visited 242 times, 1 visits today)